涌井秀章選手(イーグルス)の使用するグラブは?スパイクは?まとめてみた。

今回は東北楽天イーグルス涌井秀章投手の道具まとめです。

スポンサードリンク

グラブ

涌井投手は高校時代から2012年(8年目)まではローリングスのグラブを使用されていました。

2012年にローリングスがアシックスとの契約を終了し、アシックスがグラブの製造を開始してからはアシックスのグラブを使用されています。(杉内俊哉投手、平野佳寿投手、大谷翔平投手なども契約終了に伴いローリングスからアシックスへ移行)

高校時代(横浜高校)

時事通信より)

涌井投手はプロ3年目あたりから現在まで、ずっと同じウェブのグラブを使用されています。(ウェブ型番:SLB

プロ2年目にレッドやブラックのグラブを使用されていたこともありましたが、その後はオレンジ系のカラーを長く使用されています。

アシックスの投手用グラブの中では一番小ぶりなモデルを使用されているようです。

2008年(4年目)

(youtube より)

2016年

2017年

2018年

スパイク

アンダーシャツ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

06Feb2020 #涌井秀章 #rakuteneagles . . . 指のかかりが気になる . . . 現地でホントにいるうぅゥ!てなったし写真見てもマジかよって思うし鷲タグ付けることにも戸惑うし

おだ(@oda0505)がシェアした投稿 –

則本昂大投手(イーグルス)の使用するグラブは?スパイクは?まとめてみた。

2019年12月21日

岸孝之投手(イーグルス)の使用するグラブは?まとめてみた。

2019年11月7日

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください