菅野智之投手(ジャイアンツ)の使用するグラブは?スパイクは?まとめてみた。

今回は読売ジャイアンツ菅野智之投手の道具まとめです。

グラブ

グラブは学生時代からずっとミズノを使用されています。

プロに入ってからはミズノプロのネイビー、茶色、赤、黒などのグラブを使用されてきました。18、19年シーズンはグローバルエリートのグラブを使用されていました。

2020年シーズンはネイビーのグラブに戻し、今までの「タテトジ」から「横トジ」に変更されるようです。

東海大相模時代から採用していた「縦トジ」を、プロ8年目で変更。理由はグラブを本塁方向へ出してから体に引きつけるまでのコンマ数秒にある。縦とじは親指と小指でつかむが、横とじは中指、薬指、小指を使ってグラブを閉じる。

「(横とじはグラブを体の)内側に絞れるからです。(左手を)体に引き付けやすくなるんです」。

巨人菅野「来年はあのグラブ1つで…」新型グラブににじむ超一流の凄み

2020年

【巨人】菅野、今季グラブマークは青ミズノ 五輪へ「ダイバーシティブルー」

2020年春季キャンプ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本日の我らがエース。キャッチボールも新フォームで。今年は頼む!#巨人 #ジャイアンツ #菅野智之 #宮崎キャンプ

Hiroshi Wada(@wadahiro_23)がシェアした投稿 –

【2020限定】ミズノ限定ラベル「ダイバーシティブルー」の道具まとめ

2020年2月1日

2019年

ウェブ:タータンST7

2019年シーズン前半戦は茶色後半戦は赤のグラブを使用されました。共にグローバルエリートです。

8月2日の試合から日本シリーズまで、赤の5DNAのグラブを使用。

2019年冬発売!!ミズノ「5DNA」グラブを使用する選手。

2019年11月15日

2018年

ウェブ:タータンST6

前半戦はミズノプロを使用。夏にグローバルエリートインフィニティの発売が開始され、菅野投手のグラブもグローバルエリートに変更。これ以降2019年までグローバルエリートを使用されていました。

ミズノプロ

 

グローバルエリート

オールスター

2017年

ウェブ:タータンST5

プロ野球選手の気になるグラブ考察より)

2016年

ウェブ:タータンST4

2015年

ウェブ:タータンST3

G・菅野が新グラブ公開!ロゴは「バットマン」&「スーパーマン」

巨人・菅野が2015年モデルの新グラブを公開した。全体は紺色で、特徴的なのはボールを捕球する部分「ウェブ」のデザイン。米国アニメや映画のヒーローとしても有名な「バットマン」と「スーパーマン」のロゴマークを合体させて、同部にあしらった。

(サンスポより 撮影・小倉元司)

2015年オールスター

(菅野選手 twitterより)

2014年

ウェブ:タータンST2

(ラクマより)

練習用

長野久義の想いが詰まったグラブでキャンプイン(週刊ベースボールONLINE)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019.11.23 #菅野智之

K.39.(@kexkx39)がシェアした投稿 –

スパイク

2019年

ミズノのIQソールのスパイクですね。

【2020限定】ミズノ限定ラベル「ダイバーシティブルー」の道具まとめ

2020年2月1日

吉川尚輝選手(読売ジャイアンツ)の使用するグラブは?スパイクは?まとめてみた。

2020年3月2日

小林誠司選手(読売ジャイアンツ)の使用するグラブは?スパイクは?まとめてみた。

2020年3月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください