青木宣親選手(ヤクルトスワローズ)の使用するグラブは?スパイクは?まとめてみた。

今回は東京ヤクルトスワローズの青木宣親選手の道具まとめです。

青木宣親選手の道具

メジャー以前の青木選手といえば、道具はアディダスが中心でグラブは久保田スラッガーを使われていました。

現在はアディダス=山田選手、坂本選手のイメージが強いですが、1世代前はアディダス=青木選手、西岡選手のイメージが強かったです。

グローブ

メジャーに行かれてから〜現在はウィルソンを使用されています。

日本時代は久保田スラッガーを使用されていました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

_vsタイガース【オープン戦】_ . #2020春季キャンプ#東京ヤクルトスワローズ#青木宣親 . 2020.02.24 Mon

a(@krbb_2469)がシェアした投稿 –

スパイク

2015年以降、スパイクに関してはニューバランスを使用されています。

2006年まではアシックス、それから2013年まではアディダス、2014年(ロイヤルズ時代)はまたアシックスのスパイクを使用されていました。2015年には数試合ですが、ビモロを使用されていた試合もありました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#20190623 試合開始前、笑顔でアップ⭐︎ ワクワクする(≧∀≦) . #青木宣親 #神宮球場 #試合前アップ

mana(@manapochigaii)がシェアした投稿 –

青木宣親がNBのスパイクを選ぶ理由とは?」

バット

バットは2009年までローリングス、2010年から2013年はアディダス、それ以降は基本的にミズノのバットを使用されています。

「アシックス」青木宣親選手とアドバイザリースタッフ契約

バッティンググローブ

現在、青木選手はミズノパワーアークモーションアークを併用されています。最近はモーションアークを使用されていることが多い印象です。2014年のロイヤルズ時代からミズノのパワーアークを使用されていました。モーションアークを使用されるようになったのは日本復帰後のことです。

1年目〜2005年(2年目)まではローリングス(アシックス)を使用。2006年〜2013年頃まではアディダスのバッティンググローブを使用されていました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

. #青木宣親 選手 #tokyoyakultswallows #swallows #東京ヤクルトスワローズ #浦添キャンプ 2020/02/04

⬛️◼️◾️▪️鯖▪️◾️◼️⬛️(@yakisabaaappleworld)がシェアした投稿 –

防具

現在はエルボー、フット共にミズノを使用されています。

以前はローリングス、その後メジャー2年目の2013年までアディダスの防具を使用されていました。

2014年以降はエボシールドのフットガードを使用されていました。2014年(ロイヤルズ)のみ、エルボーガードはアシックスを使用されています。2015年以降、エルボーガードはミズノを使用。日本復帰後、エルボーガードもミズノを使用されるようになりました。

山田哲人選手(ヤクルト)の使用するグローブは?バットは?まとめてみた。

2019年4月3日

村上宗隆選手(ヤクルトスワローズ)の使用するグラブは?スパイクは?まとめてみた。

2019年6月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください