【プロスピA】リアルタイム対戦投手別配球術(第2弾)

前回に引き続きましてリアルタイム対戦での投手別配球術第2弾です!

今回もリクエストのあった選手について書いていきたいと思います!

 

山岡泰輔

基本線はやはり大きな縦スラとDカーブでしょう。僕は基本的にはこの2つの変化球から組み立てます。正直この二つを投げていれば打たれることも少ないかと思います。しかし、強い人や、段位が低くても縦スラが得意な人もいます。そういう人には縦スラとカーブを高めのボールゾーンから出し入れしたり、前回の記事にもありますが、スラーブなどを使うのも有効かと思います。縦スラ系に合わされているなと感じたらストレートを投げるのも効果的だと思います。チェンジオブペースもあります。あと、段位が低めの人には下記の図のコースに、ボールからボールのカットボールを投げると、なんか打ち取れたりします。(僕的にはなんで振るのかわかりません。投手の変化球を把握できていない証拠ですね。)

2018series2(通常,アニバ)の山岡投手は対ピンチ◎持ちになりましたので、しっかりレベルを上げておきましょう。

 

スポンサードリンク

則本昂大

則本投手は、結構使われている人が多いですが、個人的には割と得意です。

第2球種でカットがあれば強いのですが、スライダーは1種類しかありません。球威のあるストレート+チェンジオブペースもありますから、ストレートを散らしながら、下記画像のようにボールゾーンへのスライダーorスラーブで打ち取る(逆もしかり)のがいいのかなと思います。スローカーブはあまり使わないと思いますが、もし投げるならボールゾーンにしっかり逃げるように投げましょう。SFFとフォークは回転で違いはつきますが、タイミングと変化量は変わるので使い分けてもいいでしょう。

 

松永昂大

松永投手はスライダー+高速スライダー+ツーシームでの組み立てだと思います。左バッターを例にすると、インコースボールゾンからスラカット、アウトローへ逃げるスライダーで逃げる変化を植え付けたあと、インコースへのツーシームで打ち取るのが理想的でしょうか。

考えてみると意外と左ピッチャーでツーシーム持ち+スライダー2種類ってぱっと考えてるみると松永投手くらい??(リアタイでよく対戦する左投手でスラカット持ちを考えると、TS杉内投手や有銘投手。左投手でツーシーム持ちは2018series2菊池投手くらい?)そう考えると松永投手は両方を兼ね備えた貴重な投手です。さらに対ピンチ◎持ちですから、ピンチになった時に松永投手をリリーフさせるということもできます!!

 

岸孝之

岸投手は能力値は非常に高いですが、リアタイではあまり強くない、使えない部類に入るかと思います。

ボールゾーンに逃げるスライダーやカーブを打ち損じてくれると楽ですが、それなりに上手い人には普通に見切られますので、他のAランク投手を使う方が良いかと思います…

 

リアルタイム対戦関連記事

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください