【プロスピA】リアルタイム対戦で勝つコツ(バッティング編)

前回に続く記事になります。

【プロスピA】オンライン大会開催!リアルタイム対戦で勝つコツ(ピッチング編)

今回はバッティング編です!

ほとんどは初級者向けの内容ですので上手な人はサラッと見ていって下さい!

・相手のウイニングショットに目付けをしておこう!

 相手のウイニングショットであろうボール(菅野選手のスライダー、山岡選手のスライダー、千賀投手のフォーク、石川投手のシンカー、ダルビッシュ投手のスラーブ、田中将大選手のスプリットなど)はもちろん相手が一番多く投げるであろうボールです。その球を打つことができなければ勝てません!なので、相手の決め球は常に頭の中にイメージしておいて、バッティングできるようにしたいですね!

 

・ツーシームを打てるをようになろう!

 リアルタイム対戦で勝てないそこの人!ツーシーム打つの苦手じゃないですか?僕も最初はそうでした。美馬選手が打てない…外国人投手のツーシームに苦しむ…なんて人!悲観する必要はありません!!ツーシーム持ちの投手を使う人がストレートを投げることは少ないので(そんなこともないか笑)、少し斜め下にミートカーソルを構えて、少し早めのタイミングでスイングしてみましょう!!なんとかツーシームが打てるようになってきます!!これはあくまで個人的な感覚です。早めのタイミングでスイングしようとする分、変化球にもしっかりと対応できるように頭のなかでイメージしておかなければなりません。

ツーシームが打てるようになれば、初心者から中級者へとレベルアップすることができるでしょう!!

 

・相手投手の変化球を頭にいれておこう!

これは、プロスピ始めたての人には大変かもしれませんが、リアルタイム対戦は基本2イニングか3イニング制です!そのため相手の投げてくる変化球をいちいち観察している暇は全くないのです!球種をあまり知らない人は、日頃から選手名鑑などで投手の球種をチェックしておきましょう!最終回2アウト2ストライクから投手を代えてくる人もいるので、そういう時にはとても大事なことです!こういう時に球種を把握してなくて、ツーシーム持ってないと思っていて、実は持っててツーシーム投げられたら打てません!

そしてまずは変化球を回転で判断できるようになりましょう!例えば、ロッテ石川選手は2種類のシンカー(シンカーと高速シンカー)を持っていますが、通常のシンカーの方が曲がりは大きく、回転数が少ないです。一方高速シンカーは、回転量が多く、あまり変化しません。この見極めができなければ、低めに投げ分けられた時にボール球を打たされることになります。

 

・大きい変化球は追いかけず待って打ちたい!

ディクソン選手のナックルカーブ、山岡選手の縦スラ、どれも打つの大変ですよね…

その気持ちとても分かります!大きな変化球を打つには慣れの部分も大きいです。

個人的な打つコツとしては、球の変化の軌道に合わせてミートカーソルを一緒に動かしていると大体詰まってしまいますので、できるだけ変化球が曲がりきるポイントを予想して、あらかじめそのポイントで待って打つと打ちやすいと感じます。大きな変化ではないですが、ツーシームもそうです。追いかけて斜めにカーソルをずらして打とうとすると大体詰まります。もし、打てなくて悩んでいる人がいればお試しください。

 

・ボールゾーンへ逃げる早い球に気をつける!

これはツーシームや、ワンシームなどによく当てはまるのですが、小さい変化なのでストライクだと思って打ちにいくとちょっとボールゾーンで内野ゴロになったり…

これには気をつけましょう!特にランナーいる時にはゲッツーになりやすいですからね!

 

・相手の特殊能力に注目!!

投手によっては、ランナーの状況や、カウントの状況によって、変化球の変化量が多くなる投手もいます。「対ピンチ◎」などが代表的な例ですが、菅野投手や、アニバ山岡投手、ダルビッシュ選手などが持っている特殊能力で、ただでさえ大きく曲がる変化球がさらに大きく曲がります!それを頭に入れて、バッティングするようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください