【プロスピA】オンライン大会開催!リアルタイム対戦で勝つコツ(ピッチング編)

 

現在、フロスピAチャンピオンシップのオンライン大会が開催されています。

西日本大会と東日本大会に分かれており、各大会の上位8名にはリアル大会への参加権が与えられます。

そして上位1000位に入ればSランク契約書が手に入ります。500位以上であればSランク自チーム契約書がランキング報酬で入手できます。

上位8位には入れなくとも、Sランク契約書は入手しておきたいですよね。

何度かリアルタイム対戦での攻略の記事は書いているのですが、改めて少しでも参考になればなと、コツのようなものを教えていければと思います!

今回はピッチング、守備編です。

 

ピッチング編

・大きな変化球と小さい変化で打ち取る

これはボールゾーンからストライクに曲がる変化球を投げられたあと、ボールゾーンからあまり曲がらず、ボール球を振らせるテクニックです。ボールゾーンを振らせるといい打球は飛ばないので打ち取れる確率が非常に高いです。

これは、第二球種を持っている投手で実践できます。例えば菅野選手。大きなスライダーとカットボールが非常に強力です。なんならこの2つだけ投げていれば勝てます。

菅野投手は「対ピンチ◎」持ちというのも非常に魅力的!発動時に縦スラや、ワンシームをボールゾーンに落とすとギャンギャンに曲がりますのでゲッツーが取りやすいです。

 

あとは山岡選手。縦スラとDカーブを駆使されると、ほとんどの人は打つのがしんどいと思います。

最近ですとTSで排出された広島の永川投手。ちっちゃいフォークと大きなフォークがあるので打つのが大変です。(佐々木主浩投手もしかり)

他にも武田選手の斜め変化など、探してみると各球団のエース投手でなくても、第二球種の変化を使える選手はたくさんいますので探してみましょう!

個人的に、あまり使う人が少なくておすすめするのは大瀬良選手のスライダーとカットです。(最近増えてきました…)

 

 

・大きな変化球はボールゾーンに変化させる

ゲームでなくてもこの攻め方は理想的です。例を挙げるなら千賀投手ですかね。フォークはできればボールゾーンに変化させましょう、それも相手にストライクかどうかわからないギリギリを攻めるのがポイント。

上にも書きましたが、菅野選手の縦スラ、ワンシームなどはストライク→ストライクに投げると、結構打たれます。なので、できるだけストライク→ボールに配球して凡打に打ち取りましょう。

 

 

・前進守備は極力使いたくない

みなさんも経験ありませんか?ピンチに外野フライで打ち取ったかと思えば、頭を越されてしまった経験…そうです勝手に「前進守備」に設定されているからです。試合をしていても、「前進守備」を敷いといてよかったなと思ったことはあんまりありません。詰まった打球がヒットになるのはしょうがないことですので、守備のシフトには常に気を配っておきましょう!

特に気をつけてもらいたいのが、延長戦。ノーアウトランナー1.2塁から開始されますが、このとき何もいじらなければ守備体形は「定位置」になっています。

しかし!この定位置、、外野手は前進守備をとっているんです!!ですので、普通の外野フライで頭をこえて大量失点なんてことも…

なので、個人的にはこの場面は「ゲッツーシフト」にすると、内野の守備位置はそのままで外野手は後ろに下がってくれます。

とはいえ、コナミはなんでこんな紛らわしい設定にしたのか少し疑問です…ですので日頃から守備位置には常に気を使いましょう!

自分より明らかに格上の人とマッチングしてしまった時は、常に「長打警戒」のシフトにしておくというのも一つの作戦です!!(ホームラン打たれたらしょうがないですが笑)

 

リアタイで全く勝てない!これから強くなりたい!という方は是非参考にしてみてください!

 

バッティング編もあります!

【プロスピA】リアルタイム対戦で勝つコツ(バッティング編)

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください